Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

保険というもの

保険というのは「入っておけばよかった・・・」と思った時にはもう遅いものです。
たとえば住宅に関する保険。
火災保険というものがありますよね。これは、火災があった際に住宅が保障される保険ですが、強制加入では無いのでもしかしたら入っていないという方もいるかもしれません。
特に賃貸の場合には、初期費用を安く済ませるために加入を見合わせる人もいるでしょう。
日常生活を送っている分には加入の必要性をあまり感じないものですが、もしも火災が合った際には「入っておけば・・・」と誰しもおもうはずです。
もちろん、そんな目に遭わないことが一番ではありますが、自分出来をつけていても集合住宅の場合にはまわりの家の火の不始末によって火災の被害にあることもあります。

火災保険とともにぜひ入っておきたいのが家財保険です。
家財保険というのは火災で建物とともに家財が損失した場合に受けられる保険のことです。
火災保険と混同しがちですが、家財保険と火災保険は別物です。
火災保険は建物そのものの被害に対しての保険で、実は火災保険では建物の中身、つまり家財に関しては保障されないんです。
例えば、火災で被害を受けた場合、火災保険では建物に対しての保障はされますが、たとえ家の中に高価な美術品やインテリアなどがあってそれらが被害をうけても、家財保険に入っていないとそれらに対する保障は受けられないんです。

ですから、家の中の物への保障もしておきたいという場合には火災保険と合わせて家財保険の相談しておきたいものです。
保険の相談をする際には、保険会社に相談するのが一般的です。
入居する際に、不動産会社に相談して、保険に入ることもできます。

もしもの場合に備えて保険に入っておくというのは「安心を買う」という意味ですごく大切なことでしょう。

話題のサイト

第三者への賠償責任もセットになった家財保険ならこちら!|新すまいRoom保険